本文へスキップ

お問合せは電話、メールでお願いします

季節便りNews Of Season

バックナンバー

 2013年季節の便り 2012年季節の便り 2011年季節の便り 2010年季節の便り 2009年季節の便り
 2008年季節の便り 2007年季節の便り 2006年季節の便り 2005年季節の便り 2004年季節の便り
 2003年季節の便り
※画像をクリックすると拡大表示されます

2018年 春

オオタカ

4月5日に、こんな光景に出合えました。オオタカがお寺の竹林でドバトを食べていたのです。
辺りに散らばる羽に狩りの臨場感が感じられます。
決して放さないと足で抑え込み、周囲のカラスに注意を払いながら、食べ尽くしていきました。
この辺りの森にはハイタカも暮らしています。
生態系の上部に位置する猛禽類の存在には、 身近な森の豊かさを感じさせられるものです

2017年 冬

エサキモンキツノカメムシ

鮮やかな黄色のハートが目にとまるカメムシに、こんな長い名前がついています。
偉大な昆虫学者、江崎悌三に因んでエサキ、モン(紋)キ(黄)ツノカメムシです。
それはあたかも、ドイツ留学中に知り合った女性にラブレターを送り続けて結婚し、 そのシャルロッテさんは戦時中に四人の子を明るく育てながら日独民間交流の架け橋となったという、 江崎氏の昆虫研究の業績に引けを取らない人生の功績を“ハートフル”に伝えているかのよう…。
そして、このツノカメムシの母親が卵や幼虫を守る習性を持つことも思い出されます。
成虫で越冬する種類のため、冬もどこかで佇む姿にあえるかもしれません。

2017年 晩秋

クリタケ

観察の森のウワミズザクラの木の根元に、立派なクリタケの株を見つけることができました。
よく見ると、根が広がった場所からも顔を出しています。
冬を間近にして木材腐朽菌が目立つ時期、クリタケも弱った樹木の枯れた部分を分解する腐朽菌です。
ウワミズザクラは、その芳香からか古代より占いに使われたとされる木。 ずいぶん古木となってきた谷のウワミズザクラが美しいクリタケを宿す姿に、晩秋を感じたひとときでした。

2017年 夏

ヤママユ

7月9日の森の子クラブで、尾根に出る手前のコナラの木にヤママユの終齢幼虫を見つけることができました。
体長は10pほどもあります。お腹側は濃い緑、背中側は薄い緑で葉の色に似せ、からだのくびれも葉脈にそっくりでした。
これからマユをつくり、その中で蛹になって夏を越し、夏が終わる頃に羽化して、 コナラなどのブナ科の枝に、一箇所に数個から十個くらいの卵を、十数箇所ほどにわけて産みます。
卵で冬越しをして、幼虫が孵るのは次の春。そしてまた、コナラの若葉をもりもりと食べる…、 そんなヤママユたちを支える森が保たれますように。
アンテナのような触角をしたオスの成虫の写真は、以前、9月頃に法然院の南で撮影することができました。

2017年 初夏

ニホンリス

すばしこくて見かけてもなかなか観察できないニホンリスに、 今年の初夏は境内で何度もであえて、5月5日に撮影もできました。
筋肉が発達した後ろ足とかぎ爪を使って枝から枝へと飛び移り、 こともなげに頭を下にして幹を駆けおりていきます。
繁殖期ならではの騒ぎだったのかもしれません。
モミやアカマツの種子が大好物で、 モミの球果の鱗片やマツボックリの芯が落ちていることもあります。
冬に向けて地中にドングリなどを貯蔵する習性を持ち、 そのいくつかは忘れられて森の後継樹となるようです。
生きものたちのつながりを、また感じさせられます。

2017年 春

アミガサタケの仲間

4月16日、森のセンターの前庭に顔を出しました。
辺りに三、四個見つかったうち、一番大きかったものの写真です。
その日はちょうど「森の子クラブ」の活動日で、 子どもたちは座り込んでスケッチをしたり、図鑑で調べたり。
日本列島のみならず北半球に広く分布する「春のきのこ」に親しむことができました。

2016年 冬

シメ

12月25日のことです。
森のセンターの前のエノキの枝から鋭い声が聞こえ ました。 見上げるとイカルとシメが追いかけっこをしています。
その後、それぞれずいぶん離れた枝に落ち着いて実をついばみ始めました。 梢にイカル、下枝にシメ。シメはけん制を受けた後だったためか、こちらにお構いな く食べ続けていました。
群れていることの多い留鳥のイカルに対して、単独で見られる冬鳥のシメにはなかな か存在感があります。 であえた渡り鳥たちの姿に、ほっとさせられる冬です。

2016年 秋

キヒダタケ

9月のきのこ観察会でであった美しいきのこです
傘の裏がヒダなのに、外生菌根菌のイグチのなかまと教わりました。
きのこは目に見える微生物です。
木々の生き方と深い関わりを築きながら相利共生を果たしてきた菌根菌の存在に、森の不思議を感じます。

2016年 初夏

うり坊

5月14日、うり坊がお寺の境内に現れました。
母イノシシのだれかが麓近くで今年の出産をしたようです。
保護色である縞は授乳期間に特有のもののため、まだ、おかあさんといっしょという 時期なのでしょう。
再び母親と会えたのならばよいのですが、果たしてはぐれたままでも自活して育つこ とができるのか、 はたまた天敵として知られるキツネに命を譲るのか、明日をも知れぬ姿です。
昼間に野生の動物を間近にする機会はあまりありませんが、こちらを気にせず写真に 納まってくれました。

2016年 春

ホンドギツネの巣穴

3月13日、森の子クラブの活動中にキツネのものと思われる巣穴が見つかりまし た。
季節的に妊娠中かまたは授乳中の頃、子どもたちにもそれを伝えてそっと遠くから観 察し、騒がないようにして下山しました。
久しぶりの発見です。平均3〜4頭出産し授乳期間は約3カ月という子育てが本格化 したのか、 後日行ってみるとシカの毛や皮、骨、モグラなどが置かれており、臨場感あふれる肉 食獣の暮らしを感じさせられました。
フクロウたちが鳴き合う春の宵、裏山のキツネ夫婦が子育てに励む姿を想像する春で す。

2016年 新春

ニホンザル

申年を迎えた1月、ニホンザルの群れが法然院の前の道路に現れました。
中には、子どもを連れた母ザルもいます。
思い思いに移動しながら、法然院南隣の安楽寺の山門から、再び山の方へと消えてい きました。
電線を綱渡りしているところ、 「拝観謝絶」と書かれた札を横目に山門の柵を乗り越えているところなど、 遠目の写真ですが、愉快な姿を紹介します。

2015年 冬

オオミノガ

12月13日、お寺の森の北尾根でオオミノガの蓑虫を見つけました。
オオミノガヤドリバエの寄生によって近年激減したとされ、 この辺りでもやはりあまり見られなくなっています。
ところが、日本に広く生息するキアシブトコバチなどの寄生蜂が 外来種であるオオミノガヤドリバエにも寄生し始めて、 オオミノガの減少にブレーキがかかってきているとか…。
したたかな生き物たちの関係性に期待も感じさせられます。 今回の蓑虫は一つだけでしたが、貴重な記録になりました。

2015年 秋

トゲナナフシ

10月に森のセンターの前にやってきたトゲナナフシです。 お寺の森でもよく見かけます。
小枝や枯れ草に擬態していることで知られるナナフシの仲間は国内に約20種、 トゲナナフシは西日本を中心に分布しています。
ナナフシの仲間にはメスだけで卵を産むものが多く、オスがあまりいないそうです。
トゲナナフシも、野外でオスが確認されたのはごく最近のこと(2009年京都府 下)、 小さめといわれるオスのトゲナナフシにであってみたいものです。

2015年 夏

ハグロトンボ

11年間にわたってハグロトンボの生息数調査をされている 神奈川県大和市の引地川での活動に、 近自然工法による河川整備や在来植物保全の重要性を学びました。
どこにでもいた生物が見られなくなったことへの人間の責任に気づけたなら、 次はどのようにして回復を目指すのかが問われるのでしょう。
引地川のハグロトンボに「おかえりなさい」が言えたように、 今ならまだ待ってくれている生物が京都にもたくさんいるはずです。
「京都市生物多様性プラン」が功を奏していろいろな「おかえりなさい」に繋がるこ とを願いつつ、 今年も森のセンター周辺で見かけることができたハグロトンボの オスとメスの記念写真を撮りました。

2015年 春

ニホンヒキガエル

4月10日の暗くなりかけた夕方、雨の中を森のセンター近くを歩いていると、足先 にカエルが触れました。
車も通る道路上、山側に追って後ろ姿を見送れば、 去年の10月13日の夕方に、森のセンターの玄関にやってきたヒキガエルのようではありませんか。
どちらも小振りでオスの印象、冬眠の季節を越して巡ってきた春に森の水辺の片隅で お相手のメスと出逢えたでしょうか。
冷たい春の雨に背中を艶やかに濡らしながら4月のオスだろう氏は去っていったた め、 再会を記念して、10月の写真での登場です。

2015年 早春

ミヤマホオジロとウグイス

この冬、京都市各地でミヤマホオジロが見られた様子、 この辺りでも観察することができました。
遠くから渡ってくる冬鳥たちのなかでも久しぶりの再会に 2月上〜中旬に数日待ち受けて、 黄色の目立つ成鳥のオス、柔らかな色調のメスやそれに似た若鳥のオスなど、 雰囲気の異なる面々にであうことができました。

そのとき近くにやって来た、まだ笹鳴きのウグイスです。
今年の初鳴きは、2月27日でした。
三寒四温を凌ぐ寒さにしばし途絶えつつも春を伝えてくれています。 4月7日には、早、夏鳥のヤブサメの声がきこえてきました。

2014年 晩秋

フタモンウバタマコメツキ

大きなコメツキムシ!11月18日の森の子クラブで発見しました。3pほどあります。
ひっくり返すとコメツキも見せてくれて、「元気に冬越しを」と倒木に戻しました。
東南アジアに広く分布する種の日本固有亜種で、社寺林などの原生的遺存林などに生息するとされます(東南アジアまで生息するオオフタモンウバタマコメツキと見分けがつきにくい)。
幼虫が、樹皮下でカミキリムシの幼虫などを食べる補食性のため、マツ枯れを誘引するマツノマダラカミキリの天敵として、10年程前に、沖縄で研究されたためしがあります。
補食・寄生性の甲虫たちが暮らす照葉樹林がもっと残されていれば、マツ枯れは、もう少し抑制できたのかもしれません。


2014年 秋

シロツチガキの仲間

9月28日のきのこ観察会で、子どもたちと観察した「地上に降りた星・アーススター」です。
麓の森では、エリマキツチグリやシロツチガキなど、他にも星の形をしたきのこにもであえました。
アメリカで人気のルース・チュウの『魔女の本棚』の、『魔女と空飛ぶきのこ』にもアーススターは登場します。


2014年 夏

ヤマネ

開田高原の森林セミナーハウスに時折訪れるヤマネ。
8月31日、備え付けの古い引出しの一つに樹皮の球が作られているのを見つけました。
もしや、と期待が膨らみ、しばらく見ていると、何と顔をのぞかせてくれたのです。急いで撮ったためブレていますが、記念の一枚となりました。
引出しをそーっと閉めて、冬眠にも使ってくれることを願いました。


2014年 初夏

ヤマガラのヒナ

5月11日、山門の溝に落ちていたヒナです。
巣立ち間もない頃にヒナが親鳥とはぐれてしまうことはよくあります。
地上は危険が多いので、必要あれば安全な場所に追ってやるとしても、人間は遠ざかることが一番大切と教わりました。
人がいると親鳥が近づけません。
この日も、脇の低い枝に追ってから離れて見ていると、親鳥が迎えに降りてきて、一緒に飛んでいきました。


2014年 春

ザイフリボク

4月9日、去年の暮れに子どもたちが植えたザイフリボク(シデザクラ)が、 春風を受けて、つぼみをつけているのを見つけました。
漢字で書くと「采振木」、花びらの形が采配に似ると名づけられた里山の木です。
山で初めての開花ながら「采配を振ろう」とちょっぴり背伸びをしている姿にも見え ます。
どんな背伸びも包容してくれるあたたかい春がすべての生きものたちに訪れますように。

2014年 早春

シカ

2月23日、観察の森を少し登った斜面に、7頭ほどのシカに遭遇しました。子ジカもいるようです。
こちらは登山道から見上げる観察会の「人の群れ」、あちらは斜面から見下ろす子連れの「シカの群れ」、お互い、しばらく静止して見つめ合っていました。
たった数年前まで見ることはなかったシカが、お寺の森でも急激に増えました。
人間が危険ではないと知っているのか、お尻の白い毛を見せながら、ゆっくりゆったり走り去っていきました。


2014年 冬

コゲラ

1月12日、観察の森に軽快なドラミングの音が響いていました。
見上げると、すっかり枯れて落ちそうになった枝で、コゲラが巣づくりの試験中でした。
光に春を感じて、寒い中、早々と当りをつけていたのでしょうか。
周りを気にしながら木屑を投げ出したり、ドラミングを続けたり。
それにしても今にも落ちそうな枯れ枝、やっぱりそれは試し彫りに終わった様子でした。


information

フィールドソサイエティー
法然院森のセンター

〒606-8421
京都市左京区鹿ケ谷法然院町72-2
TEL ) 075-752-4582
FAX ) 075-752-4583
MAIL) moricent@deluxe.ocn.ne.jp
開館時間)10:00〜17:00