トップへ戻る

季節便り NewsOfSeason

バックナンバーはこちらをクリック

2020年 夏

マツグミ
西日本一帯に分布するオオバヤドリギ科の植物です。
日本固有種で、広葉樹に着くヤドリギとは科が異なります。マツやモミなどマツ科の針葉樹に半寄生し、自らも光合成をしながら、水分や無機栄養塩類を着生した樹木から受け取っています。
マツ枯れに伴い減ってきたと「京都府レッドデータブック」では2002年度版から既に準絶滅危惧種になっていて、
2015年度版の「必要な保全対策」欄には「よく実物を知って、寄生した木は残すよう配慮する」と書かれています。
葉は先端が丸くヘラ状で明らかにマツ葉とは異なるのですが、高い場所に着いているとマツの緑に紛れてしまいそうです。
今回のものは、若いマツの人の目の高さの枝にありました。
花の季節は夏で、液果の甘い実が冬を越して翌年の春~初夏に赤く熟します。ナワシログミなどの実に似ているため「グミ」と呼ばれたようです。
タネ周囲の粘り気は鳥による種子散布のためです。
いろいろな鳥に食べられますが、ヤドリギの実の粘り気の好きなレンジャクたちにも好まれているのでしょう。
冬鳥として西日本に渡ってきたレンジャクたちは、古来、マツグミの甘い実を北に帰る旅立ち前のエネルギー源にしていたのかもしれません。
以前、近くの登山道でキレンジャクの羽を拾うことができました。
風切羽に蝋状物質の突起があるためレンジャクたちは英語名で「ワックス ウィング(Waxwing)」と呼ばれます。ヒレンジャクにはこの突起はありません。
日本名は、連なって(レン)実に集まる雀(ジャク)です。
「鳥と木の実の物語」がいつまでも観察できる森でありますように。
クリックで拡大

2019年 冬

ヤマコウバシ
和名の「山香ばし」は山にある香しい木という意味、香りのよい小楊枝「黒文字」に使われるクスノキ科のクロモジの仲間です。
何といってもその特徴は、秋に美しい黄色や橙色に色づいた後の葉が、枯れても落葉しないことにあります。
その姿は冬の森で目立ち、その「落ちない」様子から葉っぱの栞は受験生のお守りになっているとか。
落葉樹でありながら葉が落ちないのは、離層ができにくい性質からなのでしょう。
それは、暖かな地方の樹木であるクスノキの仲間が、もともとの常緑樹から、冬に気温が下がる場所での生き方として葉を落とすようになる、その変化の途上の姿かもしれないのだそうです。
春を迎える頃に葉は落ちますが、葉柄や葉の付け根の一部分まで枝に残るような独特な形も見せます。
また、クロモジ属の仲間は花芽と葉芽をそれぞれ別につけますが、ヤマコウバシだけは紡錘形をした冬芽に一緒に入っています。
そして、雌雄異株でありながら日本には雌の木しか見られないといわれますが、それでもタネの入った実が成ります。いろいろと不思議の多い木です。
クリックで拡大

2019年 夏

オオセンチコガネ
コケを観察していると、その上を緑色に輝くオオセンチコガネが元気よく歩き回っていました。
トイレの古語である雪隠から「センチ」という和名がついている代表種がセンチコガネとオオセンチコガネ。センチコガネは金属光沢の弱い渋い紫色や藍色で、緑色が鮮やかなものはオオセンチコガネとわかりますが、オオセンチコガネにも渋い色のものもいて、わかりにくいときは顔の先の形や胸の背中にある溝の長さで見分けることになります。
どちらも成虫は春から晩秋まで見られ、数年間生きるようです。秋になると夫婦で活動し、フンの下に深い穴を掘って中にフンを詰めて産卵します。
幼虫はそれを食べて成長し、翌年の晩春に羽化してきます。
フンのほか動物の死体にも集まり「陸上の掃除やさん」として知られます。
それに加えて、埋めるフンの中にタネが入っていることも多いため、種子散布に一役買っていることがわかってきました。
植物を育てている「庭師さん」でもあるようです。
クリックで拡大

2019年 春

サワゴケの仲間
いろいろなコケが、早春から美しい緑色を見せていました。
木々の芽吹きがまだ見られない頃に、地面に届く陽の光を求めて新芽を出しているのです。
サワゴケの仲間はタマゴケ科で湿った環境の山沿いに多い蘚類、3月26日に撮影しました。
寒い時期には尖った形をしていた蒴が暖かくなるにつれて丸く膨らみ、成熟が進むと 「球」の中心から目玉のように茶色くなって、熟すと全部が茶色になります。
4月中旬には、目玉模様が見えるものや茶色くなったものも観察できました。
夏までに蒴から胞子が出て、秋には受精が叶った若い胞子体がもう新しい蒴柄を伸ばし始め、晩秋に準備態勢に入ります。
来年の春には、またいろんなコケのいろんな蒴が、いろんな「花」を咲かせてくれることでしょう。
クリックで拡大

2018年 冬

亀岡盆地の雲海
12月25日の冷え込んだ朝、大文字山に続く善気山の尾根から、 愛宕山の裾野越しに亀岡盆地の雲海を望むことができました。
雲海とは、風が弱くて晴れた朝、地面から熱が放射され、水蒸気によって生じた霧が盆地などに漂う様子を呼ぶ言葉です。
周囲の山から多くの川が流れ込む亀岡では、この「丹波霧」は秋冬の風物詩として知られ、 丹波栗なども昼夜の気温差と霧による水分の補給によって甘くなるといわれています。
しかし、その霧の発生が全国的に減少しているというのです。
亀岡盆地でも70年程前に比べて1/3程度に、京都盆地ではもうほとんど見られなくなりました。
原因として、都市化による気温上昇と、道路舗装、建造物の増加、河川改修、湿地の埋立てなどによる乾燥化が考えられています。
あらためて、土、水面、そして緑の大切さを感じさせられます。
クリックで拡大

2018年 初夏

イボタノキの花を訪れるクマバチ
6月3日、イボタノキの真っ白な花にクマバチが羽音を立てて訪れていました。
イボタノキは、カタカイガラムシ科のイボタロウムシが付くことで有名です。
カイガラ(介殻)から採る「イボタ蝋」は古今を問わず様々に使われてきました。
熱帯・亜熱帯地方のラックカイガラムシ科のラックからは天然樹脂が採れ、 「三大有益昆虫・カイコ、ミツバチ、ラック」として知られます。
クマバチは、この辺りの森でもっともよく見かけるハナバチで、 サクラなどの枝に円い穴を開けて中を中空に掘り進み、そこに木屑で仕切りをつくって子育てをする器用さを持ちます。
森のセンターのギャラリーにと巣穴が見つかった剪定枝の提供があり、中が見えるしかけをして展示しています。
クリックで拡大

2018年 春

オオタカ
4月5日に、こんな光景に出合えました。オオタカがお寺の竹林でドバトを食べていたのです。
辺りに散らばる羽に狩りの臨場感が感じられます。
決して放さないと足で抑え込み、周囲のカラスに注意を払いながら、食べ尽くしていきました。
この辺りの森にはハイタカも暮らしています。
生態系の上部に位置する猛禽類の存在には、 身近な森の豊かさを感じさせられるものです
クリックで拡大

連絡先 Contact

フィールドソサイエティー
法然院森のセンター

〒606-8421
京都市左京区鹿ケ谷法然院町72-2
Tel ) 075-752-4582
Fax ) 075-752-4583
Mail) moricent@deluxe.ocn.ne.jp
休館日)毎週火曜日
    第一・第三月曜日
開館時間)10:00~17:00
活動中の時間帯に閉館することがあります。 どうぞご了承ください。