本文へスキップ

お問合せは電話、メール
またはこちらをクリック

季節便りNews Of Season

バックナンバー

季節の便りへ戻る
※画像をクリックすると拡大表示されます

2013年 秋

ムササビの子ども

10月1日、ムササビの子どもが木から落ちてうずくまっている、そんなニュースに、森に向かいました。
秋は自立の季節、過去にも落ちていた子どもを森に返したことがありました。
でも、もし怪我をして動けないのであれば、保護しなくてはならないかもしれません。
丸くなって根方に身を寄せていましたが、ようやく落ちた驚きも去ったのか、しばらく見守るうちに木に登っていきました。
怪我はない様子です。
野生の手に委ねられてゆく小さな姿を見送りながら、大急ぎで撮影しました。


2013年 初夏

アオバズク

お寺の森にやってきたアオバズク、5月9日の撮影です。
到着を知らせていたのか、昼間から二羽が鳴き合っていて、木々の隙間に、一羽の姿を捉えることができました。
鳴いているときには嘴の下の羽がふんわりふくらんで、白い髭をたくわえた賢者のよう、羽繕いをしているときには頑丈な指が見えて、力強い狩人のようでした。


2013年 春

テングチョウ

天狗のような顔をしたこの仲間は、タテハチョウの中でも原始的なものと考えられています。世界に分布していますが、日本にはテングチョウ一種のみです。
天狗鼻に見えるのはパルピ・下唇鬚(かしんしゅ)で、先端に感覚器官が付いているとか。
成虫で越冬し、早春から飛び始めます。


2013年 冬

アオジ

奈良時代には、鵐(しとど・しとと)と呼ばれていたアオジ、クロジ、ホオジロのなかま。字からも想像できるように、巫女が占いに使っていたようです。
室町時代からアオジを「あおじとと」と区別するようになり、その名が定着しました。
毎年、冬になるとこの辺りにやってきて、鋭い声をきかせてくれます。


information

フィールドソサイエティー
法然院森のセンター

〒606-8421
京都市左京区鹿ケ谷法然院町72-2
TEL ) 075-752-4582
FAX ) 075-752-4583
MAIL) moricent@deluxe.ocn.ne.jp
開館時間)10:00〜17:00