本文へスキップ

お問合せは電話、メール
またはこちらをクリック

2012年 季節便り2011 News Of Season


季節の便りへ戻る
※画像をクリックすると拡大表示されます

2012年 晩秋

ニホンザル

お寺の森のツブラジイの実がおいしくなる頃、姿を見せたお猿さんです。
森の中では背中を見せて走り去る群れなどにも出合います。 間にあった太い幹のおかげで、こちらに気付かずに座っていました。
堂々とした風貌です。


2012年 初秋

マントカラカサタケ

夏から秋にかけて発生する大型のきのこです。
出始めたときから太鼓のバチが地面に突き刺さっているような強靱な柄で、 傘になるところは握り拳ぐらいのふくらみ、一日程経つとこのように開きます。
白いフワフワしたものが付いて、まるで綿菓子のよう。 大文字山で9月23日に見つけました。


2012年 初夏

アサギマダラ

翅の浅葱の地色からこの名を持ちます。
南西諸島、九州、本州、道南まで、1000キロを越すこともあるという遥かな渡りを、春と秋に繰り拡げます。 見かけたのは5月20日の朝のこと、南国で羽化して北上中だったのでしょう。
とまって写真に納まってくれたのち、空に消えていきました。 夏には標高や緯度の高いところで見られます。
個体の寿命は4カ月程度らしく、秋に南下していくものは、もう次の世代になります。


2012年 春

イワナシの花

岩場に多く、実が梨のような風味を持つことから、この名がついています。
4月上旬頃、大の字近くの土手でピンク色に咲いていました。
もうすぐ、初夏になれば、実の季節です。
小動物や野鳥にとっては大変なご馳走で、熟した端から食べてしまう様子。
小さいながら、皮の中には苺のように沢山のタネがついていて、 一つだけでも失敬できれば、育ててみたいものです。


2012年 冬

ナツハゼの実

12月4日に、ナツハゼの実を見つけました。
尾根などに見られるナツハゼは、シャシャンボ、アクシバ、スノキなどと同じブルーベリーのなかまです。
葉が早目に紅葉を始め、その美しい色がハゼノキのようだと、こんな名前になりました。
ハゼノキはウルシのなかまでかぶれることもあり、ベリーの名前の語尾にはいささか不似合いな感じもします。
よく熟すと甘くなるといいます。
鳥たちはきっと喜んで食べていたことでしょう。


information

フィールドソサイエティー
法然院森のセンター

〒606-8421
京都市左京区鹿ケ谷法然院町72-2
TEL ) 075-752-4582
FAX ) 075-752-4583
MAIL) moricent@deluxe.ocn.ne.jp
開館時間)10:00〜17:00