本文へスキップ

お問合せは電話、メール
またはこちらをクリック

2011年 季節便り2011 News Of Season


季節の便りへ戻る
※画像をクリックすると拡大表示されます

2011年 秋

モリアオガエルのこども

9月11日にであったモリアエガエルのこどもです。
大きな吸盤でふんばって、前を見て、何やら懸命な面持ちに感じられます。
池で夏を越した大きなオタマジャクシも、上陸すると、サイズは僅か1p少し。
夏の終わりから秋の初めに森を歩くと、そんなチビタゴガエルやチビモリアオガエルが、足元をピョピョンと逃げて行くことがあります


2011年 夏

6月19日に大文字山の麓で見つけました。

「ノメイガ」という蛾のなかまの、シダのイノモトソウを食草とするイノモトソウノメイガの幼虫の仕業です。
昆虫たちは、様々な気候にも耐えられるよう、糸を吐いて様々に身を守る術を身につけてきたのでしょうか。
今年の6月下旬は、真夏のような暑さでした。
お寺の森でも、クマゼミが早々と6月28日に鳴き出しました。 ニイニイゼミが6月29日に、ヒグラシ(カナカナゼミ)が7月6日に、それに続くようにアブラゼミが鳴き始めて、 遊びの寺子屋開催期間の7月下旬にはミンミンゼミも加わりました。 寺子屋の夕方のコンサートと響き合う「カナカナカナカナ」、何やらとても大きく感じられました。

写真は、羽化したてのクマゼミです。


2011年冬

シロハラ
夏の信州で、夜明けとともに澄んださえずりを響かせるアカハラ。
その「キョロン、キョロン」は、寝床で枕をそばだててしまうほど、魅力的です。
ほんの短い期間ですが、春に、お寺の森でシロハラのさえずりをきくことができます。
その声は夏の信州のアカハラと実によく似ていて、毎年、新鮮な気分になります。
今年の冬は、シロハラを街角で見かけることが多くありました。 雪の日など、林の中では餌が見つけにくかったのかもしれません。
この日も、「はらぺこ?」とききたくなるほど、懸命に土をほじくっていました。
もうすぐ、シロハラキョロンを耳に残して、北の国へと旅立っていくことでしょう。
(※今年は、4月15日頃でした。)


information

フィールドソサイエティー
法然院森のセンター

〒606-8421
京都市左京区鹿ケ谷法然院町72-2
TEL ) 075-752-4582
FAX ) 075-752-4583
MAIL) moricent@deluxe.ocn.ne.jp
開館時間)10:00〜17:00