本文へスキップ

お問合せは電話、メール
またはこちらをクリック

2010年 季節便り2010 News Of Season


季節の便りへ戻る
※画像をクリックすると拡大表示されます

2010年 晩秋

クロコノマチョウ

11月19日、森のセンターに入ってきて、翅を大きく動かして舞ってみせてくれました。
ジャノメチョウの仲間、クロコノマチョウの秋型です。
秋型は成虫で冬を越す際のもので、翅を閉じているとまるで落ち葉です。
翅の内側には、目立つ大きな紋がありました。
以前は、成虫越冬が確認されるのはもっと暖かな地方に限られていたといいます。
京都でも冬を越すようになったのでしょうか。今年はきっと寒く感じていることでしょう。


2010年 秋

コカマキリ

林、草原、人家周辺まで広く生息する小型のカマキリです。
褐色型が多く地味な風貌ですが、鎌足の内側に威嚇のための白い斑紋を持っていて、光線の具合では、中寄りが螺鈿のように美しく輝きます。
この秋は、森のセンターの前と裏庭、お寺の中、近くの軒下でと、数回も出会えました。
カマキリ科の学名の由来となったギリシァ語・マンティス(mantis)の意味は「予言者・占い者」です。
日本古来の呼び名は「祈り虫」「拝み虫」‥、餌の昆虫の多い、山幸溢れる里を祈りたいと思います。


2010年 初夏

卵を抱えたタゴガエル

6月12日、芦生の森への自然観察ツァーでであいました。
大きなおなかをした、タゴガエルです。
5月には、大文字山の岩陰の水辺で、その卵を子どもたちと観察したばかりでした。
重たいおなかで動きも鈍く、無事に物陰に入り込めて、産卵できますようにと見送りました。


2010年 春

終雪を被る桜

3月30日朝の法然院境内の桜です。
29日に降り始めた雪は、五分から七分咲きの 桜の上に、おちてはとけていました。
それが夜半過ぎてもやまず、朝には、白い雪化粧をした桜の木々。
積もった雪が満開の花のようで、まるで「はなさかじいさん」がやってきたみたい、 暫くすると春の陽に消えていきました。


2010年 冬

ヒラタケ

1月17日、森の子クラブの瓜生山ハイキングで見つけました。
冬に出る、大型で色の濃い肉厚のヒラタケは、カンタケ(寒茸)と呼ばれます。
ヒラタケは平安時代から食べられていた記録があり、この栽培種が「しめじ」という 名前で売られていたこともありました。
江戸時代の仙人・白幽子「巌居之蹟」のすぐ前の倒木に出ていたので、仙人さんもこ んなきのこを食べていたかな、と子どもたちと話しました。


information

フィールドソサイエティー
法然院森のセンター

〒606-8421
京都市左京区鹿ケ谷法然院町72-2
TEL ) 075-752-4582
FAX ) 075-752-4583
MAIL) moricent@deluxe.ocn.ne.jp
開館時間)10:00〜17:00