本文へスキップ

お問合せは電話、メール
またはこちらをクリック

2009年 季節便り2009 News Of Season


季節の便りへ戻る
※画像をクリックすると拡大表示されます

2009年 秋

ヒメヤママユガ

10月25日に出会えたヒメヤママユガ。
羽化したてで、少しずつ翅を広げているところです。
ヤママユガのような黄緑色の繭を探してみましたが、見当たりません。
調べて、クスサンに似たスカシダワラの繭をつくることを知りました。


2009年 夏

アオバズク

今年もお寺の森にやってきた夏鳥のアオバズク。
3羽のヒナが、7月28日前後に巣立ちました。
巣立った直後の朝、 家族で仲良く枝にとまっている姿を、撮影することができました。


2009年 初夏

ムカシヤンマ

6月14日、朝の6時半ころ、芦生の森でであいました。
寝ぼけていたのでしょうか、近づいても飛ばず、こんなにアップでカメラに収まってくれました。
暫く見ていると空高く飛んでいき、弱っている様子もなくて一安心しました。
京都府の準絶滅危惧種に選定されているムカシヤンマ、元気に命を繋げてほしいものです。


2009年 春

コバノチョウチンゴケ

コバノチョウチンゴケは、一度気づくと、参道のあちらこちらで見られます。
中の胞子に未来を託して凾出す姿は、こんなに賑やかです。


2009年 冬

シャシャンボ

子どもたちと観察をしていて見つけた枝先の実です。
様子を詳しく調べていた子どもたち、「葉っぱのまん中のでっぱりが何かすごい」と、発見を伝えてくれました。
葉脈の主脈が大きいことで、昔から「盲牌の木」と呼ばれてきたシャシャンボです。
こうやって特徴に気づけるのは、野外体験の醍醐味です。


information

フィールドソサイエティー
法然院森のセンター

〒606-8421
京都市左京区鹿ケ谷法然院町72-2
TEL ) 075-752-4582
FAX ) 075-752-4583
MAIL) moricent@deluxe.ocn.ne.jp
開館時間)10:00〜17:00