本文へスキップ

お問合せは電話、メール
またはこちらをクリック

2008年 季節便り2008 News Of Season


季節の便りへ戻る
※画像をクリックすると拡大表示されます

2008 秋

テングタケ

秋に見られる共生菌、森のきのこらしい姿です。
お寺の境内で見つけました。
「リグ・ヴェーダ」以来の太古の幻覚剤・ソーマの原料と言われるベニテングタケと同じ成分を持つ毒きのこです。
けれども、何と言っても、共生菌は森の守り神。
木々の元気を願いながら、そっと観賞しましょう。


2008 夏

ツマグロヒョウモン(メス)

七夕の日に撮影しました。
秋にかけて、姿を見かけます。
多くのヒョウモンチョウの仲間はスミレを食草としますが、殆どが野生種しか食べません。
ところが、このツマグロヒョウモンは庭のパンジーやビオラにも産卵し、年間数回もの発生を繰り返しています。


2008 初夏

ネジキの花

6月、甘い香りを辺り一面に漂わせながら咲いていました。
サイズと形がまるでごはん粒みたい!ぴかぴかのごはんで、なんだかおいしそうです。


2008年 春

カスミザクラ

「観察の森」のカスミザクラです。
4月27日の森づくりの日に、花びらがひらひらと舞ってきました。


2008年 早春

ショウジョウバカマ

今年も、お寺の境内でそっと咲いて、春を告げていました。
和名で赤い色をした生きものに付けられる「猩猩」ですが、その語感よりもずっと清楚な花です。
大文字山の登山道脇でも見られます。


information

フィールドソサイエティー
法然院森のセンター

〒606-8421
京都市左京区鹿ケ谷法然院町72-2
TEL ) 075-752-4582
FAX ) 075-752-4583
MAIL) moricent@deluxe.ocn.ne.jp
開館時間)10:00〜17:00