本文へスキップ

お問合せは電話、メール
またはこちらをクリック

2007年 季節便り2007 News Of Season


季節の便りへ戻る
※画像をクリックすると拡大表示されます

2007年 晩秋

アケビコノハ

幼虫時代にアケビなどを食草とするアケビコノハは、成虫で越冬します。
落ち葉に紛れながら静かに春を待ちますが、時折、人目につく場所で目撃されます。
前翅の裏や後翅には派手なトラ模様があります。
けれども、たたんでとまっていると、まるで、木の葉です。


2007年 秋

ハラビロカマキリ

ヒメカマキリに始まり、ハラビロカマキリ、コカマキリ、オオカマキリと、今年の秋はカマキリたちによくであいました。
そのしぐさを見ていると、あたかも特別な能力が光っているかのように感じられます。


2007年 初秋

ヒメカマキリ

去年の10月10日の夜に出会えたときはぼんやりとしか写せず、心残りでした。
今回は、9月9日の森の子クラブの活動中に対面できたため、子どもたちが観察することも、明るい野外での撮影もできました。


2007年 初夏から夏

ヤマカガエルとダゴガエル
6月17日に、大文字川沿いで出あえたヤマアカガエルです。
背中の線のカーブが、特徴的です。
そして、7月8日、大文字山中の桜谷川源流近くで出あえたのは、タゴガエル。
どちらも、森の子クラブの活動中に、大きな歓声とともに子どもたちが発見してくれました。


2007年 春

オドリコソウ

4月28日、法然院の石垣に咲いていたオドリコソウです。
輪状に咲いた花の形が、笠をかぶった踊り子が並んでいるように見えることから、 こんな名前がつきました。
踊りを観賞している虫の姿が、ユニークです。


information

フィールドソサイエティー
法然院森のセンター

〒606-8421
京都市左京区鹿ケ谷法然院町72-2
TEL ) 075-752-4582
FAX ) 075-752-4583
MAIL) moricent@deluxe.ocn.ne.jp
開館時間)10:00〜17:00