本文へスキップ

お問合せは電話、メール
またはこちらをクリック

2006年 季節便り2006 News Of Season


季節の便りへ戻る
※画像をクリックすると拡大表示されます

2006年 晩秋

シロマダラ

10月30日に森で見つかったシロマダラです。
夜行性で、目にする機会は少ないと言われるヘビです。
夏に孵化して、秋に幼蛇が見られます。
小さいながら、巳の字の形になって写真に納まってくれました。
撮影の後は、すぐに森に戻しました。


2006年 秋

ヒメカマキリ

10月10日の夜に出会ったヒメカマキリです。
小さなからだの艶やかな深緑色と身軽な動きが印象的でした。
暖地性で、京都府は分布の北限に近く、準絶滅危惧種になっています。
樹上で暮らし、初夏と晩秋の二回、小さな卵鞘を小枝などに産みます。
今の季節の成虫は、初夏の卵のもの。
これから卵を産み、その卵から孵った幼虫が冬越しをします。


2006年 初夏

アミガサタケ

4月24日に、法然院の境内で見つかったアミガサタケです。
欧米では人気の食用きのこだそうです。
群生もするらしく、そんな姿に出会えたら、 味わってみたいものですが、このときは一本でしたので、撮影するに留めました。





オオセミタケ

こちらは、5月21日にお寺の森で見つかったオオセミタケ。
アブラゼミやヒグラシなどの5齢幼虫から生えてくる冬虫夏草です。
マッチのような子実体を、登山道の真ん中に出していました。
少ししぼんできた28日に掘ってみたところ、 その幼虫は、ヒグラシのようでした。 森のセンターに展示しています。
どうぞ、ご覧下さい。


2006年 春

ヒミズ

4月1日の夕方、森のセンターに持ち込まれたヒミズです。
お寺の参道の真ん中に出てしまっていたらしく、 観光客の方が心配して持って来られました。
様子を確かめるため飼育ケースに入れてもらうと、元気に動いて大丈夫そう。
記念撮影後、すぐに森の落葉の下に返してやりました。
細かい動きのためにぶれていますが、 「エイプリルフールの日だけど、ヒミズに会えたのはほんとだよ」の 証拠写真になりました。

フルノコゴケ

幹に、不思議な?マークに見えるコケがついている木です。
コケは、クサリゴケ科の「フルノコゴケ」。
あたかも、いろんなことを代弁しているかのように思えてきます。
ルーペで見ると、一片一片の葉の重なり具合がなんとも美しく、 びっくりさせられました。


information

フィールドソサイエティー
法然院森のセンター

〒606-8421
京都市左京区鹿ケ谷法然院町72-2
TEL ) 075-752-4582
FAX ) 075-752-4583
MAIL) moricent@deluxe.ocn.ne.jp
開館時間)10:00〜17:00