本文へスキップ

お問合せは電話、メール
またはこちらをクリック

2005年 季節便り2005 News Of Season


季節の便りへ戻る
※画像をクリックすると拡大表示されます

2005年 冬

リスの足跡

12月5日に初雪が降ったこの冬。
急に寒くなって暮れまでに雪の日が何回かありました。 元日は穏やかな晴天でしたが、そのあとは、また曇って雪模様に。
新春早々、大文字山でリスと出会いました。
パチクリした目でしばらく佇んでいた後、軽やかに森に消えていきました。 雪に残された足跡です。


2005年 秋

アベマキ

疏水の側で、たくさん拾えたアベマキ。
今年の実は、去年の春の花のもので、クヌギ・ツブラジイなどと同じ二年型です。
お寺の森には、一年型のコナラ・アラカシなどと、二年型のものが混生しています。
ドングリを食べる動物にとって、毎年堅果にありつける可能性の高い環境なのでしょう。
けれども、ドングリは、気候などの条件に左右されるだけでなく、食べ尽くされないよう、自らも豊作と不作を繰り返すと言われています。
ツブラジイが豊作で山道が黒く見えるほどの年もありますが、今年はどうでしょうか。


2005年 初夏

モリアオガエル

5月下旬、法然院の奥の庭にいたモリアオガエルのメスです。 カラーの葉にとまっています。






そして、横の花の中では、ひとまわり小さなオスが朝寝の最中でした。







こちらは、6月19日、善気山のお寺の森(観察の森)で出会ったメスです。
産卵を終えたのか、へこんだおなかをして、休憩中でした。


2005年 春

ツチグリ

3月13日に大文字山で見つけたツチグリ。
観察をしていた「森の子クラブ」の子どもたちは大喜びでした。
この季節の発見は少し珍しいように思われて、記念撮影したものです。


information

フィールドソサイエティー
法然院森のセンター

〒606-8421
京都市左京区鹿ケ谷法然院町72-2
TEL ) 075-752-4582
FAX ) 075-752-4583
MAIL) moricent@deluxe.ocn.ne.jp
開館時間)10:00〜17:00