本文へスキップ

お問合せは電話、メール
またはこちらをクリック

2011年 季節便り2011 News Of Season


季節の便りへ戻る
※画像をクリックすると拡大表示されます

2004年 初冬

ヒイラギ

昨年の秋に森の手入れを開始した場所で、春になって実生が見られました。
その後も生長を続けているものは限られてきましたが、この秋、小さい葉なりにヒイラギ!と分かるようになった芽を見つけました。



こちらは11月中頃に、微かな香りと共に咲いたヒイラギの花です。
雌株に実が成り、それを野鳥がついばめば、タネはまたフンと共にどこかへ運ばれて、発芽したり、光が当たる時まで眠っていたりするのでしょう。


2004年 夏

タマムシ

8月11日、大きなタマムシに出会いました。
エノキの大木も残る法然院周辺は、タマムシにとってもすみやすい環境なのでしょう。
輝く色の秘密は、色素の色に加え、光のいろいろな現象に関わる構造を翅に持っているためだそうです。
暫くすると、夏空高く飛んで行きましたが、ちなみに、観察できたフンも、なんと青緑色でした。


2004年 初夏

台風2号の影響で5月20日すぎに幼菌が出始めたお寺の竹やぶのキヌガサタケでしたが、 まとまった雨が降った5月31日の翌日になって、ようやく無事な展開が見られました。
台風4号の去った6月13日にも、美しいレースが見られました。


5月下旬シイの木の根方に真っ赤なカンゾウタケが出現。
6月3日には竹やぶにキツネノエフデが登場しました6月中旬からは、クモタケがたくさん 出始めて、これは20日に撮影したものです。

     カンゾウタケ          キツネのエフデ           クモタケ


2004年 春

      イヌノフグリ               アリアケスミレ
  
田畑が、林縁が、土手がどこにでもあった時代に、雨の多い 風土で生活を確立した日本の野草たち。
もともとの自生種もイネと共にやって来たとされる史前帰化種も、 現代の都市環境は苦手なため、町なかでは、乾燥に強い 外来種がおなじみになってきました。
オオイヌノフグリも明治時代にヨーロッパからやって来た外来種です。 史前帰化種とされるイヌノフグリは、絶滅危惧U種に指定される程、 減少しました。
京都の東山の麓である法然院森のセンター周辺では、まだ古くからの 野草たちが観察されます。
スミレの仲間も多く、イヌノフグリも健在です。

      ヒゴスミレ


2004年 新春

ヒサカキの花

まだ寒い早春から、大文字山のあちらこちらで咲き始めるヒサカキの花。
冬まで残っている群青色の実が落ちると、すぐに蕾を膨らませます。
(MURYOJU52号より)




                                   膨らみ始めた蕾


information

フィールドソサイエティー
法然院森のセンター

〒606-8421
京都市左京区鹿ケ谷法然院町72-2
TEL ) 075-752-4582
FAX ) 075-752-4583
MAIL) moricent@deluxe.ocn.ne.jp
開館時間)10:00〜17:00