本文へスキップ

お問合せは電話、メール
またはこちらをクリック

2003年 季節便り2003 News Of Season


季節の便りへ戻る
※画像をクリックすると拡大表示されます

2003年 秋

ジョロウグモ

ジョロウグモのメス。
秋が深まる前に、巣を離れて産卵します。
葉や幹に卵のうをつけると聞きますが、上から枯葉や樹皮を貼り付けて隠してしまうらしく、まだ見つけたことがありません。
ぜひ、さがしあててみたいものです。
(椎の実通信第47号より)


ヨタカ

こちらは、2002年11月9日に、森のセンター近くの民家の屋根に飛来したヨタカです。
日向の場所を求めてとまる位置を変え、日も暮れかかった5時過ぎになって、羽音を立てずにさっと飛び立っていきました。
夏鳥のヨタカですが、渡りの途中のものが秋に平地で見られることは多いそうです。
たった一日の「一期一会」でしたが、低い屋根に堂々ととまっていたため、写真を撮ることができ、貴重な記録となりました。
(MURYOJU第48号より)


2003年 初秋

                                  モンクロシャチホコ
京都新聞9月13日夕刊のトップに、「長雨のち晴天⇒毛虫大量発生 サクラ異変」の記事が掲載されました。
モンクロシャチホコの大発生は、9月10日頃に森のセンターの近くでも見られました。
哲学の道のサクラにも付く外来種のヒロヘリアオイラガ。皮膚炎を起こすので、触らないことが基本です。
毛虫とは呼ばれませんが、オオミノガの大発生も森のセンター近くで見られました。
幼虫たちは、植物を蛋白質に転換するという大切な役割を担う存在です。
野鳥や動物の蛋白源になりつつ、必要な数か゜成虫になるバランスの中で生きてきたのでしょう。
(MURYOJU 2003.秋.第51号より)
      
          ヒロヘリアオイラガ            オオミノガ


2003年 夏

ヒグラシ

今年の夏、法然院の森で一際目立ったのは、 ヒグラシの鳴き声です。
幹の根方でも鳴き、地面から湧き上がるように 森を揺らしていました。
8月中旬を過ぎた頃に、麓のセミの様々な声と 重なって聞こえてきた時など、あの山に響く音 は何なのかと耳を疑うほどでした。
(椎の実通信第46号より)


2003年 梅雨

今年、お寺の竹やぶで観察することができたキヌガサタケの開く様子です。

         


2003年 初夏

法然院の森に、今年も次々と夏鳥がやって来ました。
キビタキやオオルリの美しい姿や囀り、木陰から聞こえるサンコウチョウ、そして、ひっきりなしのホトトギスに、夜半に調子を出すアオバズク。 どの鳥も子育てが順調に成就しますように。
そうそう、出だしが遅かったウグイスも、晴れた日には、一日中鳴いています。
(椎の実通信 第45号より)
   
        オオルリ                   ヤマツツジとクモ
                       (MURYOJU 2003.春 第49号の表紙より)
                   初夏の大文字山では、ヤマツツジやモチツツジが美しく咲きます。


information

フィールドソサイエティー
法然院森のセンター

〒606-8421
京都市左京区鹿ケ谷法然院町72-2
TEL ) 075-752-4582
FAX ) 075-752-4583
MAIL) moricent@deluxe.ocn.ne.jp
開館時間)10:00〜17:00